上の歯と下の歯の中心がずれる原因は?治し方や矯正の費用は?

矯正ブログ
歯の中心がずれる

「上の歯と下の歯の中心がずれている」

「歯のずれを放置しても大丈夫?」

「自力で治せるの?」

歯の中心がずれている事で悩んでいる方は意外と多いです。

歯の中心が大きくずれている場合、頭痛や肩こり、顔のゆがみに繋がるケースもあり、適切な対処が必要になります。

当記事では、

  • 歯の中心がずれる原因
  • 放置するリスク
  • 正しい治療方法

など、分かりやすく解説します。最後までご覧いただき、ご参考にして頂ければと思います。

上の歯と下の歯の「中心のずれ」をセルフチェック!

まず初めに、口を閉じて「い」の口に閉じてみてください。

この時、上の歯と下の歯の真ん中がぴったりと合えば、歯並びは正常であると言えます(1~2ミリだけずれている分には、特に問題ありません)。

一方、正中線(歯の中心)が2ミリずれているようであれば、治療が必要になるケースもあります。

また、上の歯と下の歯が深く噛み合わさっている状態(過蓋咬合といいます)も注意が必要です。

放置すると、歯が欠けたり、顎関節症になったりするリスクがあります。

関連記事: 噛み合わせが深い「過蓋咬合」とは?

なぜ、歯の中心がずれるのか?

上の歯と下の歯がずれてしまう理由はいくつかあります。

骨格の問題

先天的にあごが歪んでいる等、生まれ持った骨格によって正中線(歯の中心)がずれてしまう場合があります。

日常の癖

日ごろの癖が原因になっている場合もあります。

  • 爪を噛む癖がある
  • 頬杖を突く癖がある

といった癖を長い期間続けると、歯の土台となる顎そのものが左右非対称となり、正中線が合わなくなってしまいます。

親知らずを放置した

「親知らずが生えているけど、特に影響がないから抜いていない」という方もいるでしょう。

親知らずは、斜めに生えてきたり横向きに生えてくることがあります。親知らずが周りの歯を圧迫することで、歯の中心のずれを引き起こすことがあります。

関連記事:親知らずを放置するリスクとは?

抜けた歯を放置した

抜けた歯をそのままにすると、反対の歯とのバランスが崩れるため、上の歯と下の歯の位置がずれやすくなります。場合によっては、抜けた部分に歯が寄ってしまい、全体的に歯並びが悪くなることもあるので注意が必要です。

虫歯を放置した

虫歯を放置すると、虫歯をかばって片方の歯ばかり使うようになります。その結果、徐々に歯並びが悪くなっていき、正中線のずれを引き起こしやすくなります 。

歯の大きさが不揃い

通常、歯は上下左右同じ大きさ、同じ本数で生えてきます。しかし、稀に歯の大きさが上下左右で異なって生えてくることがあります。

そうなると、上下の歯のバランスがずれてしまい、正中線のずれを引き起こしやすくなります。

歯の数が上下で違う

  • 片方だけ八重歯が生えている
  • 過去に抜歯した

など、歯の本数が違うことによって、正中線のずれを引き起こすケースもあります。

歯の中心のずれを放置するリスクとは?

正中線のずれを放置すると、見た目の問題だけでなく、消化不良顔の歪みなどのリスクを引き起こします。

それぞれ詳しく見てみましょう。

消化不良に繋がる

上の歯と下の歯がずれると、噛み合わせそのものが悪くなり、快適に食事ができなくなります。

「食べ物をしっかりと噛んで飲み込む」という当たり前の動作がしにくくなり、消化不良に繋がることもあります。

顔のゆがみに繋がる

正中線(歯の中心線)のずれを放置すると、左右で噛む力が変わりやすくなり、筋肉のバランスが崩れ、顔の歪みに繋がります。

虫歯や歯周病のリスクが高くなる

正中線がずれるということは、歯並びに何らかの問題があるということです。

その結果、ブラッシングがうまくできずに磨き残しが増え、虫歯や歯周病のリスクが高まる可能性があります。

頭痛や肩こりの原因に

顎がずれる、または噛み合わせが悪くなることで、頭痛や肩こりの原因になる事があります。

歯の中心のずれは「自力」で治せる?

結論としては、自力で歯の中心のずれを改善することは難しいです。

たしかに、手や道具などを使って歯に力を加え続けることで、歯が動く可能性がないとは言い切れません。

しかし、正しい方向に思い通りに歯を動かすのは至難の業です。

歯並びを悪化させる可能性もありますので、自力で治そうとするのは避けた方が良いです。

歯の中心のずれは「歯列矯正」で治せる?

骨格、または顎の形などが原因で、歯の中心がずれている場合は外科的矯正(手術を伴う矯正)が必要になります。

一方、歯並びが原因であれば、歯列矯正によって改善することが可能です。

具体的な治療方法や費用は、歯並びや骨格を調べないと分からないため、まずは歯科医院で見てもらうことをオススメします。

治療費用

矯正治療は、保険が適用されないため全額自己負担となります。それゆえに「費用が高くて踏み出せない」という方が多いのも事実です。

そこで、当院は少しでも患者様に治療に踏み出していただきやすいよう、費用を抑えてご提供しております。

たとえば、アソアライナーと呼ばれるマウスピース矯正であれば、税抜150,000円(税込165,000円)120回まで分割でのお支払いも可能です。(※患者様の歯の状態によって、治療費は変動します。)

料金の詳細は、当院の矯正専門サイトをご覧ください。

矯正の種類

矯正の種類は様々ですが、その中でもマウスピース矯正ワイヤー矯正について解説します。

マウスピース矯正

マウスピース矯正の装着

透明のマウスピースを装着しながら行う矯正です。

マウスピースは透明で目立ちにくく取り外しが可能ですので、食事の際や誰かと会話をする際も安心です。

また、装置が口の中にあたってケガをしてしまったり、粘膜を傷つけたりという心配もありません。

ただし、前歯の中心線がずれてしまっている場合は、マウスピースを使用することができるのですが、全体的にかみ合わせが悪くなってしまっている場合は、マウスピース矯正が行えない場合もありますので注意が必要です。

ワイヤー矯正

ブラケット矯正

歯の表面にブラケットという装置を装着する、ワイヤー矯正も効果的です。

近年では見た目の問題を解消するために、透明のワイヤーを使った矯正も可能です。

また、口内の状態によっては歯の裏側にワイヤーを装着できるため、目立ちにくいです。

まとめ

歯の中心がずれると、顔のゆがみ消化不良虫歯や歯周病などのリスクを高めてしまいます。

1~2ミリ程度のずれならば気にすることはありませんが、2ミリ以上ずれている場合は、治療が必要になるケースもあります。

歯並びや歯のずれ方によって治療法が異なりますので、一度歯科医院を受診してみると良いでしょう。

当院でも、歯やお口のお悩みに関する無料カウンセリングを行っております。

実績と経験豊富な歯科医師が丁寧に対応いたしますので、どんな小さなお悩みでもお気軽にご相談ください。

診療予約・お問合せはこちらから

〒151-0053
東京都渋谷区代々木4-32-1 
トーシンビルミレニアム5F

電話:03-5302-3700

京王新線「初台駅」東口より徒歩2分

診療時間祝日
10:00~13:00××
14:30~20 : 00××

※土曜日は16:30まで診療を行います。

休診日は日曜日・祝日です。