マウスピース矯正で出っ歯を治せる?費用や治療期間も解説!

矯正ブログ
出っ歯はマウスピース矯正で治せるのか

「マウスピース矯正で出っ歯を治したい」

「マウスピース矯正の費用を知りたい」

「短期間で矯正したいけど、治療期間はどれくらい?」

など、出っ歯のマウスピース矯正を検討している方も多いのではないでしょうか。マスクで口元を隠せる今だからこそ、矯正の需要も高まっています。

この記事では、出っ歯のマウスピース矯正の治療期間や費用、メリット・デメリットなどを解説していきます。

出っ歯はマウスピース矯正で治せるのか?

結論から申しますと、出っ歯はマウスピース矯正で「治せるケース」「治せないケース」があります。

マウスピース矯正で治せるケース

軽度の出っ歯、または骨格に問題がない場合は、マウスピース矯正で治すことが可能です。

たとえば、骨格には問題がなく、歯並びが原因で出っ歯になっているケース。この場合は、歯が並ぶスペースを確保した後、マウスピースを使って矯正を行うことで、出っ歯を治すことができます。

マウスピース矯正で治せないケース

重度の出っ歯、または骨格そのものに問題がある場合は、マウスピース矯正で治すことは難しいです。

というのも、マウスピース矯正は骨格自体を変えることはできないからです。

また、

  • 過蓋咬合(噛み合わせが深すぎる)
  • 交叉咬合(奥歯のかみ合わせがずれている)

を併発している場合なども、マウスピース矯正で治せない可能性があります。

関連記事:噛み合わせが深すぎる「過蓋咬合」とは?

「絶対にマウスピース矯正で治したい!」と考える方もいらっしゃるかと思いますが、美しい歯並びを実現するためには、正しい治療法を選択する必要があります。

たとえば、骨格が問題で出っ歯になっている場合は、ワイヤー矯正での治療が必要になります。

「目立つのが嫌だ」という方は、歯の裏側にワイヤーを装着する「裏側矯正」という選択肢もありますから、一度検討してみましょう。

マウスピース矯正で治せるか知りたい方へ

「自分の前歯をマウスピース矯正で治せるか聞きたい」

という方は、歯科医院にて精密検査・診断を受けることを推奨いたします。

歯並びの状態を確認したうえで、マウスピース矯正が可能かどうかのジャッジ、具体的な治療費や治療期間などを知ることができます。

出っ歯のマウスピース矯正|費用は?

出っ歯のマウスピース矯正|費用は?

そもそも前提として、矯正治療を行うためには以下の費用が掛かることを知っておきましょう。

①相談・カウンセリング費

②精密検査費

③矯正治療費

④調整費

そして、マウスピース矯正の相場ですが

  • インビザライン:50万円~100万円
  • 格安マウスピース矯正:~30万円

といった形になります。

治療の費用は変動する

治療の種類・治療期間・矯正する歯の本数などによって、治療費は変動します。

たとえば、上下両方とも治療を行う場合は、治療費が高くなります。一方、上の前歯だけ治療する場合は費用を抑えることができます。

また、軽度の出っ歯であれば、格安マウスピース矯正で治療を行える可能性があります。

ただし、軽度の出っ歯に見えても、出っ歯になっている部分の周辺の歯や、全体の歯を動かさないといけないケースがあり、この場合は格安マウスピースで治療することはできません。

いずれにせよ、歯並びの状態を歯科医師に診てもらわなければ、具体的な治療費を算出することは難しいです。

当院のマウスピース矯正の治療費

ちなみに、当院のマウスピース矯正に関しては、以下の通りです。

相談・カウンセリング 0円
簡易矯正シミュレーション(iTero) 0円
精密検査・診断(インビザライン) 30,000円(税込33,000円)
インビザラインでの治療 300,000円~(税込330,000円~)
アソアライナーでの治療 150,000円~(税込165,000円~)
調整料 5,000円(税込5,500円)

より詳細な情報を知りたい方は、以下の矯正専門サイトをご確認ください。

矯正専門サイト

出っ歯のマウスピース矯正|治療期間は?

出っ歯のマウスピース矯正|治療期間は?

続いて、出っ歯のマウスピース矯正の治療期間をお伝えします。

患者様の歯並びの状態や、マウスピース矯正の種類にもよるので一概には言えませんが、「数か月~2年半ほど」と見ておくとよいでしょう。

当然ながら、重度の出っ歯であれば、治療期間は長引く傾向にあります。

マウスピース矯正の中には、治療期間が5か月までと定められているものもあり、比較的短期間で治療を終えられるケースもあります。

ただし、先ほどもご説明した通り、患者様の歯並びの状態によって治療期間は大きく変動しますので、まずは相談・カウンセリングを受けて頂くことをお勧めしています。

出っ歯のマウスピース矯正|メリットとデメリットは?

出っ歯のマウスピース矯正|メリットとデメリットは?

最後に、治療を受ける前に最低限知っておくべきメリット・デメリットをお伝えします。

マウスピース矯正は治療の特性上、メリットとデメリットが存在しますので、これらを頭に入れた上で治療に臨むようにしましょう。

メリット1:目立たない・気付かれにくい

一般的に、矯正といえば金属を使った「ワイヤー矯正」を想像される方が多いと思います。

ワイヤー矯正の場合、金属のワイヤーを使用して治療を行います。前歯に金属のワイヤーを装着することになるので、笑った時や会話の時に目立ってしまいます。

一方、マウスピース矯正は、透明の素材でできたマウスピースを使用するため、目立ちにくいのがメリットです。

近づいてじっくり口元を見ない限り、気付かれることはほぼありません。

メリット2:虫歯や歯周病のリスクを軽減できる

従来のワイヤー矯正ですと、器具の間に食べかすが溜まりやすく、なおかつ歯ブラシが届かないため、虫歯や歯周病のリスクが懸念されていました。

しかし、マウスピース矯正であれば、自由に取り外しができますので、いつも通り丁寧にブラッシングすることができます。結果的に、虫歯や歯周病のリスクを軽減できるのです。

メリット3:金属アレルギーの方でも安心

「金属アレルギーがあるから矯正治療を受けられない」という方もご安心ください。マウスピース矯正は、金属を一切使用しないので、金属アレルギーになる心配はございません。

アレルギーが気になるという方に、マウスピース矯正はオススメです。

デメリット1:装着時間を守る必要がある

マウスピース矯正は、「歯に一定の力を加え続ける」ことで歯並びを改善していきます。

目安として、1日20時間はマウスピースを装着する必要があります。

食事や歯磨きをのぞき、装着し続けなければならず、装着時間を守らないとうまく歯が動いてくれません。

自由に取り外しができる反面、装着時間を守らないと効果が半減する恐れがあるので注意が必要です。

デメリット2:重度の出っ歯は改善できない可能性がある

先ほどもご説明した通り、重度の出っ歯、複雑な歯並び、骨格に問題がある場合など、マウスピース矯正が向かないケースがあります。

マウスピース矯正は、「一部対応できない症例がある」という点を留意しておきましょう。

デメリット3:食事をする時は外す必要がある

マウスピースをつけたまま食事をすると、歯と装置の間に汚れが溜まってしまいます。虫歯のリスクを高めてしまうので、食事をするときは外さなければいけません。

また、糖分を含む飲料を飲む際もマウスピースを外す必要があります。

まとめ

出っ歯のマウスピース矯正について解説してきました。

  • 出っ歯はマウスピース矯正で治せるケース・治せないケースがある
  • 軽度の出っ歯であればマウスピース矯正で治療できる
  • 骨格に問題がある方、重度の出っ歯の方は、別の治療法が好ましい

といった点を覚えておきましょう。

「そもそも自分の前歯は、マウスピース矯正で治せるのか?」

「具体的に費用・治療期間を知りたい」

という方は、無料相談を行っている歯科医院に相談してみるとよいでしょう。

初台岡歯科医院でも、矯正の無料相談を行っております。

治療期間や費用などを聞いてみたいという方は、お気軽に当院までご相談ください。

診療予約・お問合せはこちらから

〒151-0053
東京都渋谷区代々木4-32-1 トーシンビルミレニアム5F

電話:03-5302-3700

京王新線「初台駅」東口より徒歩2分

診療時間日・祝
10:00~13:00×
14:30~20 : 00×

※土曜日は16:30まで診療を行います。

休診日は日曜日・祝日です。