入れ歯治療

お口にフィットする快適な入れ歯

入れ歯に関する問題で最も多く聞かれるのが、「外れる・ズレる・痛い」といった悩みです。 ピッタリフィットする入れ歯を作るには、お口の中の状態などを把握し、その方にあった設計が求められます。 当院では顎の形状を緻密に分析し、患者さんお一人お一人に合った、快適な義歯をご提供いたします。

金属床で快適さを追求する

  • 軽くて和感が少ないチタン床
  • 食べ物の温かさや冷たさが分かるコバルト床

入れ歯の床材料(上あごに密着する部分)には、大きく分けると2つの種類に分けられます。一つはレジン(プラスチック)を使ったレジン床があります。 保険が適用できますが、劣化しやすく安定性に欠け、ズレたり外れたり、あるいは痛みを感じることがあります。また熱が伝わりにくいため、食べ物の温かさや冷たさが分からず、装着時の違和感が伴います。

もう一つがチタンやコバルトなどの金属を使った金属床です。 自費となりますが薄い仕上がりで、安定した装着感があります。また食べ物の温度も伝わりやすく、違和感が少ないのが特徴です。 当院では快適な入れ歯をお作りするために、チタン床・コバルト床を使った金属床の入れ歯をご提案しています。

チタン床

  • 生体親和性の高いチタンを使用
  • 顎に馴染みやすく違和感が少ない入れ歯

床の部分にチタンを使った金属床です。インプラントにも使われているチタンは軽くて顎に馴染みやすく、装着したときの違和感がほとんどありません。 また、生体親和性の高いチタンはアレルギー反応を引き起こす可能性が低く、金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます。

コバルト床

  • 軽くて耐久性に優れ、安定した装着感
  • 食べ物の温度が伝わるので、食事が美味しくいただけます

金属床で最も多く使われているのがコバルト床です。 非常に薄い仕上がりで、熱伝導率が高く、食べ物の熱さや冷たさを損なうことがありません。 耐久性にも優れ、長期間の安定した状態で使用することができます。チタン床に比べると若干厚くなりますが、自然に近い装着感や快適感が得られます。

ノンクラスプデンチャー

  • 装着しても目立たない
  • 違和感が少ない
  • 壊れにくい

ノンクラスプデンチャーの最大の特徴は、目立たないということ。金属のツメ(クラスプ)を使わず、装着していても人目につきません。 また、弾性と強度があるので、装着感が少なく、壊れにくいといった特徴もあります。 ほかにも、材質のつなぎ目がほとんどないため、お掃除がしやすく衛生的です。

コーヌスデンチャー

  • 審美的に優れている
  • 装着感もよく、安定し外れにくい
  • クラスプ(バネ)を使わないので残っている歯に負担がかからない

金属で製作しますが、見えないので審美的に優れています。 装着感もよく、安定し外れにくい義歯です。 バネを使わず、残っている歯に専用の金属の被せ物をして、その上から入れ歯を装着するタイプの部分入れ歯です。

入れ歯をつくってくれる技工士

【入れ歯専門技工士】アーバンデンチャー/霜出昌彦

みなさんは、本当にフィットする入れ歯を使ったことがありますか?
時々、「入れ歯は外れやすいから、インプラントの方が良い」という方がいらっしゃいますが、一概にそうとは言えません。
シッカリと手順を踏み、ドクターと技工士がタッグを組んだ緻密で精密な入れ歯作りを行えば、まるで自分の歯のように噛むことができます。
岡先生とは10年ほど前に半年間、総入れ歯のセミナーでご一緒してからの付き合いです。
そのときから入れ歯で困っている患者さんになんとか良い入れ歯を使って頂きたいと、熱心に入れ歯の勉強されておりました。
こんな先生ですから、丁寧・精密、ポイントをシッカリおさえた型採りを行ってくれますので、非常に仕事がやり易い。
入れ歯の目的はなんといっても「食事が美味しく食べられること」。そのために、直接患者さんと話したり、講習会にできるだけ参加するなどして入れ歯づくりの技術を学び続けることで、患者さんにピッタリの入れ歯を提供していきたいです。

診療予約・お問合せはこちらから

〒151-0053
東京都渋谷区代々木4-32-1 
トーシンビルミレニアム5F

電話:03-5302-3700

京王新線「初台駅」東口より徒歩2分

診療時間祝日
10:00~13:00××
14:30~20 : 00××

※土曜日は16:30まで診療を行います。

休診日は日曜日・祝日です。