歯周病治療

歯周病でボロボロになってしまった歯を諦めていませんか?当院は複数の専門家がタッグを組み、重度の歯周病にも対応した治療を行っています。歯周病で失われてしまった歯周組織は、「歯周組織再生療法」と呼ばれる治療法で再生できる可能性があります。新宿・初台周辺で歯周病の専門的な治療ができる歯医者をお探しの方は、当院までご相談ください。

歯周病とは?

歯周病とは、歯と歯茎の間から侵入した細菌が歯肉炎症を引き起こし、歯肉や歯の土台となる骨を壊していく病気のことです。歯を失う原因のが第一位が歯周病であると言われており、早期発見と早期治療がカギとなります。

歯周病の症状

  • 歯肉が赤くはれている
  • 歯が長く伸びてきた
  • 歯茎から出血がある
  • 口臭が強くなった
  • 起床時に口がねばねばする

歯周病の原因

  • ストレスや運動不足などの生活習慣
  • 喫煙の習慣
  • 磨き残しによる歯石の蓄積
  • 歯並びや噛み合わせ

当院の歯周病治療について

当院は歯周病治療の専門医が在籍しており、日々治療技術の研鑽を行っています。また、マイクロスコープやCTなどの治療機器も揃えており、重度の歯周病の治療も可能です。

CTやマイクロスコープ等の最新機器による精度の高い治療

当院は、肉眼では判別できない部分まで拡大できるマイクロスコープや、顎の骨の状態を精密に分析できるCTなど、最新の治療機器を取り揃えています。より精度の高い治療が可能になります。

  • 最新機器の導入でより正確な治療を実現
  • 3次元画像で精密な診断を可能にする「CT」
  • 拡大視野下で治療の精度を高める「マイクロスコープ」

歯周病で失われた歯肉と骨を再生させる「歯周組織再生療法」

「治療をお断りされてしまった」「重度の歯周病で歯がボロボロ」そんな患者さまは他にいませんか?当院は、重度の歯周病にも対応しており、歯肉と骨を再生させる「歯周組織再生療法」と呼ばれる治療を行っております。

  • 重度の歯周病もお任せください
  • 他院で断られた難症例も治療可能
  • 歯周病治療のエキスパートが担当

重度の歯周病でも諦めないでください

通常、一度失われてしまった歯周組織が自然に戻ることはありません。重度の歯周病患者さまは治療を諦めてしまうケースもあります。しかし、失われた歯周組織を再生させる方法として「エムドゲイン」や「リグロス」と呼ばれる治療の選択肢が残っています。治療をあきらめてしまった患者様も、これらの治療法で歯やお口の状態を回復できる可能性があります。お一人で悩むことなく、まずは当院までご相談ください。

治療時間を短縮させる「ダブルレーザー治療」

外科処置を伴う治療は治療時間が長く、身体に大きな負担がかかると思われている患者様も多いかと思います。しかし、ダブルレーザー治療を用いれば治療時間を短縮でき、患者さまの身体の負担を最小限に抑えることが可能です。

各分野のエキスパートによるお口全体の総合的な治療

当院は、歯周病の治療はもちろんのこと、矯正治療やインプラント治療、審美歯科治療などを組み合わせた総合的な治療を行うことができます。当院には各分野のエキスパートが在籍しているため、その治療を得意とする歯科医師が適材適所で治療を担当させていただく事が可能です。患者様のお口の状態に合わせて幅広い治療をご提案します。

  • 矯正やインプラントなどを組み合わせた総合的な治療
  • 各分野のエキスパートがタッグを組んだ質の高い治療
  • 歯と歯茎の健康はもちろん、審美性も優れた治療

歯周病でお困りの患者様を、一人でも多く救いたい

30歳以上のおよそ80%は歯周病にかかっているというデータがあります。重症度は様々ですが、多くの歯周病で苦しんでいる実態に変わりはありません。そんな患者様を一人でも多く救うために、私たちは日々の勉強と研鑽を欠かしません。患者さまに最上の治療を提供していく為、 院長は国内外を問わず多くのスタディグループや研修会に参加し、一つの学会の考え方に固執することなく自分の目と経験でより良い治療を追い求めています。

これらのセミナー・勉強会・講習会を通じて、「歯周病治療は前向きな治療である」ことを理解し、それ以後、科学的アプローチによる歯周病治療に力を注ぐようになりました。

院長の所属学会、スタディグループ

  • 日本顎咬合学会
  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本臨床歯周病学会
  • 日本審美歯科学会
  • 東京JIADSスタディクラブ
  • CTG
  • オステオインテグレーションジャパン等

ロサンゼルスにてPascal Magne先生(左)、Joseph Kan先生(左から2番目)と

イタリアフィレンチェにて、歯周再生療法とマイクロスコープを使った最小限侵襲の同法で権威のCortellini先生と

ハンガリー・ブダペストにて、Istvan Urban先生と

歯周病の進行度と治療方法

歯周病は初期症状がなく、症状が現れたときはかなり進行している事が多いです。症状が進行すると、最後には歯が抜け落ちてしまうため、早期発見と早期治療が大切です。

健康な歯周組織

歯ぐきの色は薄いピンク色で腫れもありません。健康な状態の歯周ポケットは1~2mm程度です。

治療 3~6カ月に1度の定期検診で、歯のクリーニングを行いプラークコントロールをします。歯科衛生士が行う専門的な歯のクリーニングPMTCも効果的です。

歯肉炎

歯と歯ぐきの間にある溝にプラーク(歯垢)がたまると、歯ぐきに炎症が起きます。炎症とプラークにより溝が大きくなり、歯周ポケットができます。この段階では、歯を支える歯槽骨は悪くなっていません。

治療

3カ月に1度の定期検診を行い、ブラッシングで改善します。歯石がついている部分は歯石を除去します。歯科衛生士が行う専門的な歯のクリーニングPMTCも効果的です。

軽度歯周炎

歯周炎が始まり、歯周ポケットは3~4mm程度になります。歯周ポケット内にプラークや歯石がたまると炎症がさらに広がり、歯ぐきの色は赤みを帯びてきます。また、歯を支える歯槽骨が溶け始めます。

治療

ブラッシングで歯ぐきを改善します。その後、歯石がついている部分は歯石除去を行ったり、歯ぐきの中のルートプレーニングを行う場合もあります。

歯科衛生士が行う専門的な歯のクリーニングPMTCを定期的に受けてください。

中等度歯周炎

炎症が進行し、歯周ポケットが4~6mm程度と深くなった状態です。歯槽骨の吸収もさらに進行し、歯を指で押すと動きが始まります。ここまで進行すると、歯ぐきの腫れや出血など自覚症状が現れます。

治療

ブラッシングで歯ぐきを改善します。その後、歯石がついている部分の歯石除去します。歯ぐきの中のルートプレーニング行うときは麻酔をして行います。

重症の場合は歯周外科を行う場合も増えてきます。術後、定期的に歯科衛生士が行う専門的な歯のクリーニングPMTCは必須です。中程度まで進行すると再発防止が重要になります。

重度歯周炎

定期的に歯ぐきが腫れて、痛みもひどくなる状態です。

治療

ここまで進めば完治させるのは大変困難です。歯を保存できる状態であれば歯周外科手術、再生療法を試みます。しかし残念ながら抜歯となる場合もあります。症状が進行する前に、ぜひ定期検診を受けてください。

歯周病とからだの関係

近年、歯周病と全身的疾患の関係が指摘され始めています。少しでも歯周病の症状に気付いたら、なるべく早めに専門医の診断を受けることを推奨します。

心臓発作(心筋梗塞)

ある研究では”歯周病にかかっている人が心臓疾患になるリスクは高く、通常の2倍の確立である”と報告されています。重度の歯周病は、歯周病菌が血管内にまで入り込み血液の流れによって全身の臓器に侵入します。現在、歯周病菌の一種に、血栓(血のかたまり)を作る作用があることが証明されています。それが心臓の血管を詰まらせ心臓発作を引き起こすとされています。

歯周病と糖尿病

“糖尿病の人は歯周病に対する抵抗力が弱く歯周病に感染しやすく進行も早い”と言われています。 歯周病菌が糖代謝のコントロールに影響を及ぼし、血糖値のコントロールが難しくなります。実際「歯周病を治療したら血糖値が落ち着いた」という話をよく聞くことがあります。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

抵抗力などが弱っているときに、飲み込んだ菌が肺に入り肺炎を起こす病気です。寝たきりやご高齢で抵抗力が落ちていると、口腔内に大量の歯周病菌が発生し、誤嚥性肺炎を発症することがあります。

歯周病は早産と低体重児の原因

歯周病菌による口腔内の炎症が血管を通して全身に回り、羊水にまで影響することが証明されています。その結果、早産と低体重児の原因となることがわかっています。なお、歯周病がない妊婦と比べて、歯周病を持っている母親の早産のリスクは7倍になると報告されています。

診療予約・お問合せはこちらから

〒151-0053
東京都渋谷区代々木4-32-1 
トーシンビルミレニアム5F

電話:03-5302-3700

京王新線「初台駅」東口より徒歩2分

診療時間祝日
10:00~13:00××
14:30~20 : 00××

※土曜日は16:30まで診療を行います。

休診日は日曜日・祝日です。