部分入れ歯が合わないのはなぜ?原因と対策を解説

STAFF BLOG

こんにちは、岡歯科医院歯科医師の田村です

本日は、部分入れ歯についてお話ししたいと思います。

昔はぴったりだった部分入れ歯が最近急に落ちてくるようになった…と言うことはありませんか?

入れ歯が合わなくなる原因

入れ歯が合わなくなる原因はさまざまですが、その中でも急に合わなくなる場合は歯にかける金属のバネが折れてしまっていることがあります
バネがついているのは部分入れ歯で、自分の歯にバネを引っ掛けて入れ歯を固定しています。
バネの数は入れ歯の設計によりさまざまですが、そのバネが折れてしまうと、安定を損ない外れやすくなってしまいます

バネは金属でできており、取り外しを行うと少しづつ金属疲労を起こしていきます
見た目にはわかりませんが、少しづつ痛んでいくのです
そこであるとき疲労が限界を超え、ポキッと折れてしまいます
また、金属疲労が溜まっていなくても無理な力がかかると折れてしまうことがあります

バネが折れたままでは入れ歯の安定が悪くなるだけではなく、金属の折れた尖った部分で口の中を怪我したりすることもあります

バネが折れてしまった入れ歯は入れ歯自体を作り直すか、お口の中の型取りを行うことで、バネのみ新しく作り直すことができます
入れ歯をお預かりしても良い場合は入れ歯に新しいバネをつける事もできます

最近バネが緩く感じる、すぐに落ちてくるなどのお悩みがあれば、是非一度ご相談ください
お口の中と今の入れ歯に合わせた対応をご提案

診療予約・お問合せはこちらから

〒151-0053
東京都渋谷区代々木4-32-1 
トーシンビルミレニアム5F

電話:03-5302-3700

京王新線「初台駅」東口より徒歩2分

診療時間祝日
10:00~13:00××
14:30~20 : 00××

※土曜日は16:30まで診療を行います。

休診日は日曜日・祝日です。