お問い合わせ

初診専用ダイヤル

050-7300-2882

再診・その他のお問い合わせ

03-5302-3700

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

京王新線初台駅より徒歩2分の岡歯科医院|熱中症の4つのサイン

岡歯科医院
岡歯科医院へのお問い合わせ:03-5302-3700

初診予約

再診・その他

お問合わせ

熱中症の4つのサイン

こんにちは(^O^)

岡歯科医院の吉田です!

 

外も暑くなり先日はまだ5月ですが、気温が31度まで上がりましたね(‘_’)

これから益々、気温が上がる為皆さん熱中症には気をつけて下さいね!

熱中症を発症していることに気付かないまま対処が遅れると、命に関わることがありますよね。

熱中症には4つのタイプがあります。

1  熱失神(めまいや冷や汗、一過性の意識障害)

2 熱けいれん(手足のけいれん、筋肉痛、足がつるなど)

3 熱疲労(全身の倦怠感、吐き気、嘔吐、頭痛など、体温上昇は40度以下)

4 熱射病(40度以上の体温上昇、発汗停止、意識障害、全身の臓器の障害)

などといった症状があり、  熱射病は死に至ることもある危険な状態で、熱疲労は熱射病一歩手前とされています。

熱失神・熱けいれんの時点で早めの対応が必要だそうです。熱疲労、熱射病が疑われた場合には救急車を呼ぶことが必要です!

 

また熱中症のサインとして、口が強く乾いたり、めまいや立ちくらみ、頭痛や吐き気、嘔吐、

身体がだるくなたり、真っすぐ歩けない、汗が出すぎたり出なくなったりするなどの症状が現れます。

何かおかしいと気付いたら、応急処置としてまず涼しい場所に移り、水分補給をすること!

また、汗をたくさんかくと水分だけでなく塩分も失われるため、水分補給をする時は、

水やお茶ではなく塩分が入ったものを飲むことがいいそうです!

熱中症かもしれないと思ったら、早めに涼しいところに移動し、水分・塩分を補給することが命を救うことに繋がります。

まだ大丈夫などと思わずに、こまめに休憩を取ることが大事ですね!

暑い日に長時間外出する予定がある時は、水分補給できるものや、日傘などを用意して

熱中症対策をしていこうと思います!

 

また暑い時期になると、かき氷やアイスが美味しい季節になりますね。

そんな時、歯がしみたり、痛くなったりしませんか?

一度、定期検診にいらしてみてはいかがでしょうか?(^_^)/

  • 月別一覧

PAGE TOP