お問い合わせ

初診専用ダイヤル

050-7300-2882

再診・その他のお問い合わせ

03-5302-3700

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

京王新線初台駅より徒歩2分の岡歯科医院|紫外線対策 〜50代・ホワイトニングのことなら 新宿・初台 岡歯科医院〜 

岡歯科医院
岡歯科医院へのお問い合わせ:03-5302-3700

初診予約

再診・その他

お問合わせ

紫外線対策 〜50代・ホワイトニングのことなら 新宿・初台 岡歯科医院〜 

こんにちは

岡歯科医院 歯科衛生士の村上です

 

だんだんと暖かくなってきて、気持ちが良い季節になりましたね。これから外へ出かける機会も増えてきますよね!そこで気になってくるのが、日焼けです。

 

ところで、一年の中で紫外線が一番強いのは5月だという話しを聞きますが、本当なのでしょうか?シミ・しわ・皮膚がんの原因となる紫外線の量は、4、5、6月頃になると一気に増えてくるそうです。夏のイメージが強い紫外線ですが、紫外線の強さは気温とは関係がありません。5月の紫外線の強さは、真夏と同じくらいだと言われています。

 

紫外線UV-Aは、太陽から地表に届く紫外線のおよそ95%を締めています。紫外線UV-Aは、窓ガラスを通って室内にも入り込み、日常生活の中で意識せず浴びているため生活紫外線とも言われています。この紫外線は、肌の奥まで届きコラーゲンなどにダメージを与え、シミやしわの原因になると言われています。この紫外線UV-Aは、1年で一番多いのが5月なんですね。

 

日焼けに年齢とか関係あるの?と思われがちですが、20代と60代の人を比較すると、日焼けをしやすいのは60代だと言われています。その理由は、60代は20代と比べて日に当たらない表皮が薄くなっていて、紫外線の影響を受けやすいからだと言われています。

 

紫外線は、シミ・しわの原因になるだけではなく、皮膚がんの原因にもなる可能性もある紫外線。とにかく、効果的な予防策を見つけないといけませんね。やはり日傘が効果的です。日傘をさすだけで顔に当たる紫外線を約95%カットすることができます。日焼け止めもこまめに塗ることが大切です。

 

今までは日を避けるほうが良いことばかりお伝えしましたが、日を浴びることは悪いことだけではありません。紫外線を浴びることで、ビタミンDが体内に生成され骨を強くします。紫外線を浴びると、シミやしわの原因になるから!と紫外線を避けすぎると、骨粗しょう症の原因になることもあるので、適度な紫外線を浴びることが重要になってきます。

 

注意しなくてはいけないのが曇りの日。なんと曇りの日でも晴れの日の70%近くもの紫外線が降り注いでいるのです。雨の日でも20%の紫外線は届いています。日焼けのダメージはリセットされず、どんどん蓄積されてしまいます。季節、時間、天候問わず、適切な日焼け対策を行うようにしましょう。

 

どんな季節でも日焼け対策を行うことが肌の老化予防のカギというわけですね。お肌も予防が大切なのと同じで、歯の予防も大切です。歯を白くするにはホワイトニングが効果的です。今年の夏は歯もお肌も美白ですね♬

 

 

  • 月別一覧

PAGE TOP