お問い合わせ

初診専用ダイヤル

050-7300-2882

再診・その他のお問い合わせ

03-5302-3700

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

新宿初台の歯医者|岡歯科医院子供の矯正はいつから始めれば良いですか?

岡歯科医院
岡歯科医院へのお問い合わせ:03-5302-3700

初診予約

再診・その他

お問合わせ

子供の矯正はいつから始めれば良いですか?

新宿初台の歯医者さん、岡歯科医院です。今回のテーマは「子供の矯正の最適な開始時期」です。矯正している人に開始時期を聞くと、その回答は一定ではありません。

大人になってから矯正を開始した人もいれば、子供の時に矯正した人もいるでしょうし、子供の時にしても明確な時期はそれぞれ異なるでしょう。では子供の時に矯正を開始するとして、それはいつから始めるのが最適なのでしょうか。

015 - 子供の矯正はいつから始めれば良いですか?

大人と子供ではどちらか矯正の開始に最適か

これは間違いなく子供の時、確かに大人になってからでも矯正は可能です。しかし、治療のメリットを考えると、子供の時に矯正した方が良く、その理由として次のことが挙げられます。

非抜歯で矯正できる可能性が高い
大人の矯正では歯並びを改善するために抜歯が必要なケースが多く、なぜなら歯を綺麗に並べるためのスペースを確保しなければならないからです。しかし子供の時に矯正すれば、成長を考慮した矯正によって非抜歯で行える可能性が高くなります。

痛みが小さい
矯正によって歯が動く時、どうしても痛みを感じてしまいます。しかし感じる痛みの程度として、大人よりも子供の矯正の方が小さくなります。これは子供の歯はやわらかく動きやすいためで、無理な動きをしないために痛みも小さくてすむのです。

大人になってから口元の見た目で悩まなくてすむ
見た目…いわゆる審美性を気にするのは年齢的に考えて子供よりも大人です。しかし大人になってから矯正すれば、口元の見た目が改善されるまで時間がかかります。その点、子供の時に矯正しておけば大人になった時に口元の見た目で悩むことがありません。

子供の矯正の最適な開始時期

大人と子供で比較すれば子供の時に矯正した方が良いですが、では具体的に何歳頃から矯正を開始するのが最適なのでしょうか。結論から言うと、「歯並びで悩んだ時が矯正の相談の時」です。

漠然としすぎているかもしれませんが、実際に子供の矯正の開始時期は「〇〇な時期が最適」いうものはありません。早すぎるということもなく、遅すぎるということもないのです。

子供の矯正では永久歯の生え変わりや顎の成長を考慮した治療計画を立てるため、これらの時期にあわせた治療計画を患者さん一人ひとりに提案しています。技術も進歩しており、矯正の方法も様々なため、時期が遅すぎたということにはなりません。

子供の矯正の開始時期のケース

子供の矯正の開始時期には主に次の3つのケースがあります。

乳歯の時期
乳歯と永久歯が混ざって生えている時期
永久歯が生えそろった時期

これら3つのケースに正解も間違いもなく、実際に歯科医に最適な開始時期を尋ねても意見が分かれると思います。と言うのも、それぞれの開始時期には異なったメリットとデメリットがあるからです。

乳歯の時期

乳歯はいずれ永久歯に生え変わるため、この時期の矯正は一見無意味に思うかもしれません。しかし、乳歯の時期に矯正することで永久歯が正常な位置に生えてくる可能性が高くなります。これが乳歯の時期に矯正するメリットですが、一方デメリットとして確率の問題があります。

「永久歯が正常な位置に生えてくる可能性が高い」と表現したように、あくまで可能性の話ですから、永久歯が確実に正常な位置に生えてくるとは限らないのです。このため、本格的な矯正は永久歯が生えてからにすべきという意見もあります。

乳歯と永久歯が混ざって生えている時期

この時期に矯正する意味は、既に生えた永久歯を正常な位置に動かすことで、まだ生えていない永久歯が正常な位置に生えてくるようにするのが目的です。つまり、今後生えてくる永久歯が正常な位置に生えてくるためのスペース作りを行います。

子供の矯正の開始時期として一般的なケースですが、状態によっては永久歯が生えた後に改めて本格的な矯正治療が必要になります。また子供に意思が芽生えているため、本人が矯正に非協力的になるかもしれないというデメリットがあります。

永久歯が生えそろった時期

矯正の目的は歯並び…正確には永久歯の歯並びを改善することです。だったら永久歯が生えそろってから矯正すれば良いというのが、この時期に開始する考え方です。この時期に矯正した場合、状態にもよりますが治療期間が短くなりやすいのがメリットです。

既に永久歯が生えそろっているため、第二期治療も必要なく、大人の矯正と同じ流れになります。一方デメリットは大人の矯正と変わらない以上、抜歯が必要になるケースがあるということです。既に永久歯が生えそろっていることから、スペース作りのために抜歯しなければならないことがあるのです。

まとめ

img 2 002 - 子供の矯正はいつから始めれば良いですか?

いかがでしたか?
最後に、子供の矯正の最適な開始時期についてまとめます。

1. 大人と子供ではどちらが矯正の開始に最適か :非抜歯で矯正できる可能性の高さなどが理由で「子供」
2. 子供の矯正治療の最適な開始時期 :決まった時期はなく、「歯並びで悩んだ時が矯正の相談の時」
3. 子供の矯正の開始時期のケース :乳歯の時期、乳歯と永久歯が混ざって生えている時期など
4. 乳歯の時期 :永久歯が正常な位置に生えてくる可能性が高いが、あくまで可能性の話
5. 乳歯と永久歯が混ざって生えている時期 :状態によっては第二期治療が必要になる
6. 永久歯が生えそろった時期 :抜歯が必要になる可能性がある

これら6つのことから、子供の矯正の最適な開始時期について分かります。子供の矯正の開始時期を考えた時、「全てにおいてこの時期がおすすめ」というものはなく、一方で「この時期に矯正を開始しなければならない」というものもありません。

実際にはどの時期に開始しても、きちんとした治療計画のもとに矯正が可能です。ですから子供の歯並びで悩んだ時、その時点で相談してください。その上で、歯や顎の成長を考慮した最適な治療計画を提案します。

  • 月別一覧

PAGE TOP