子どもの矯正はどのくらいの時期に開始すべきですか?

矯正ブログ

 
新宿初台の歯医者さん、岡歯科医院です。
今回のテーマは「子どもの矯正の開始時期」です。
大人の場合、矯正はしたいと思った時にすれば問題なく、なぜなら既に成長期が終わっているからです。
 
一方、子どもは成長期の真っただ中ですから口の中は常に成長を続けており、
「乳歯のみ→乳歯と永久歯の混在→永久歯のみ」と歯の状態も変化していきます。
では、子どもが矯正をする場合はどの時期に矯正を開始すべきなのでしょうか。

子どもの時期に矯正するメリット

大人と子どもを比較した場合、矯正は後者…つまり子どもの時期に行った方が良いとされています。
それは、子どもの時期に矯正を行うことによって次のメリットがあるからです。

 

  • 非抜歯で矯正できる確率が高い
  • 大人になった時に歯並びの悪さで悩むことがない
  • 通院のスケジュールを確保しやすい

子どもの矯正の過程では、永久歯を正常な位置に生えるよう成長を促すため、
本格的な矯正において非抜歯で行える確率が高くなっています。
 
また、子どもの時期に矯正を行えば大人になった時に既に矯正を終えているため、
歯並びの悪さで悩むことがなくなります。
 
さらに、子どもは通院のスケジュールを確保しやすく、
「仕事が休めない」「帰りが遅い」「出張に行く」などの状況が起こる大人に比べて通院しやすいでしょう。
 

子どもの矯正の開始時期

子どもの場合も矯正したいと思った時にすれば良いのですが、
開始のベストタイミングを考えると3つの時期が候補に挙げられます。
 

  • 乳歯のみ生えている時期
  • 乳歯と永久歯が混在している時期
  • 永久歯が生えそろっている時期

これら3つの時期のどれがベストタイミングなのかは医師によって見解が異なります。
それぞれの時期にはいずれもメリット・デメリットがあるため、
どのメリットを優先してどのデメリットを避けるのかがポイントになるのです。
では、以下の項目でそれぞれの開始時期の特徴・メリット・デメリットについて見ていきましょう。

 

乳歯のみ生えている時期での矯正開始

矯正のタイミングとして早すぎると思う人もいるかもしれませんが、
「乳歯の時期に歯並びを改善すれば、永久歯も正常な歯並びになる確率が高まる」という考えがあります。
ただし、「確率」と表現しているとおり、永久歯が正常な歯並びになることに保証はありません。
 
そのため、この時期に矯正を開始することでのメリットが確実に得られるわけではなく、
本格的な矯正は永久歯が生えそろってから行うべきという見解も見られます。
ただ、乳歯の時期には顎の成長・ズレなど骨格的な部分における不正咬合には注意すべきといわれています。

 

乳歯と永久歯が混在している時期での矯正開始

子どもの矯正のタイミングとして最も多いのがこの時期です。
既に生えている永久歯を正常な位置へと移動させることで、
まだ生えていない永久歯が正常な位置へ生えてくるようスペースを確保することができます。
 
全ての永久歯が生えそろった後に本格的な矯正を行うことになりますが、
ある程度歯並びが整った状態になっているため、症例として難しくなく、非抜歯で矯正できる確率が高まります。
一方、年齢的に子どもに意思があるため、矯正に非協力的になってしまうデメリットもあります。

 

 永久歯が生えそろっている時期での矯正開始

治療の流れは大人の矯正と変わりません。矯正は永久歯の歯並びを正常にするのが目的ですから、
「それなら永久歯が生えそろってから矯正するのが効率的」というのがこの時期に矯正を開始する見解です。
乳歯の時期に行う治療がないことから、この時期に矯正を開始すればトータルの治療期間が短く済みます。
 
しかし、乳歯の時期に何もしないことで永久歯の歯並びの状態を正常な方向へと促すことができず、
そのため永久歯の歯並びによっては抜歯が必要になってしまいます。
つまり、乳歯の時期に何もしないのがこの時期に矯正を開始するメリットであり、同時にデメリットでもあるのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

最後に、子どもの矯正の開始時期についてまとめます。
 
1. 子どもの時期に矯正するメリット :非抜歯で矯正できる確率が高い、通院のスケジュールを確保しやすいなど
2. 子どもの矯正の開始時期 :最適な開始時期の候補として、3つの時期が挙げられる
3. 乳歯のみ生えている時期での矯正開始 :永久歯が正常な歯並びになる確率が高くなる
4. 乳歯と永久歯が混在している時期での矯正開始 :非抜歯で矯正できる確率が高くなる
5. 永久歯が生えそろっている時期での矯正開始 :トータルの治療期間が短くなる
 

これら5つのことから、子どもの矯正の開始時期について分かります。
子どもの矯正開始の最適な時期として3つの候補が挙げられますが、
それぞれの時期にはそれぞれの時期ならではのメリット・デメリットがあります。
 
そのため、どのメリットを優先してどのデメリットを避けるかで最適な時期が決まります。
もっとも、矯正の開始時期に早すぎるも遅すぎるもないため、
基本的には矯正したいと思った時が最適な時期と考えて良いでしょう。
 
 

診療予約・お問合せはこちらから

〒151-0053
東京都渋谷区代々木4-32-1 
トーシンビルミレニアム5F

電話:03-5302-3700

京王新線「初台駅」東口より徒歩2分

診療時間祝日
10:00~13:00××
14:30~20 : 00××

※土曜日は16:30まで診療を行います。

休診日は日曜日・祝日です。