矯正で歯を動かしても、期間の経過で元にもどると聞きました

矯正ブログ


 

新宿初台の歯医者さん、岡歯科医院です。

今回のテーマは「矯正の後戻り」です。

矯正の経験がある人の意見を聞くと、中には「失敗した」という声を耳にすることがあります。
 
 
そして、失敗の声として多いのが「矯正したけど元に戻ってしまった」というもので、

せっかく歯並びを改善しても元に戻ってしまえば、治療した意味がなくなってしまいます。

しかし、矯正で動かした歯が再び元の位置に動くことはあるのでしょうか。
 

後戻りについて

結論からいうと、矯正で動かした歯が元に戻ることがあるのは事実であり、これを「後戻り」と呼びます。

そもそも、矯正で歯が動くのは歯を支えている骨が吸収されて歯が動くのが理由であり、

正常な位置に歯が移動した後は、そこで新たに骨が形成されることで歯が固定されるのです。
 
 
ただし、骨の形成には時間がかかりますから、矯正を終えた間もない時点ではまだ不安定な状態です。

そのため、日常生活の中で顎を動かすことによって、少しずつ後戻りが起こってしまうのです。

もっとも、このように歯が動くのは稀ではなく、後戻り以外のケースでも歯は動きます。
 
 
このため、そのままの状態で生活していると顎の動きなどによって後戻りを起こしてしまうのです。

さて、このように歯が動くという現象は実は珍しいことではありません。

噛む動作によって歯がすり減れば歯の高さが変わりますし、歯ぎしりや舌癖によっても歯は動くのです。
 
 
例えば、舌で歯を押す癖のある人は継続的に癖を続けることによって歯が動きます。

また、歯ぎしりをする人は少しずつ歯が擦り減っていき、噛み合わせが変化します。

つまり、後戻りは歯が動くケースにおける一例と考えておきましょう。
 
 

後戻りを防ぐには

いくら日常生活に注意しても、矯正後の後戻りを防ぐことはできません。

ただ、後戻りを防ぐことはできなくても対処することはでき、その方法が保定装置の装着です。
 
 
そのため、矯正後は保定装置を装着して後戻りを防ぐ期間として、保定期間を設けています。

保定装置には可動式・固定式の2つのタイプがあり、それぞれ特徴が異なります。
 
 

可動式

自分で取り外しができるため、食事や歯磨きの時に外すことができます。

その意味では不自由さが少ないのがメリットですが、自分で外せることがデメリットとなるケースもあり、

その気になれば保定装置の装着をサボれてしまうため、その結果後戻りが起こった人も少なくありません。
 
 

固定式

固定式は自分で取り外しできないため、不自由な反面、確実に後戻りを防ぐことができます。

ただし、取り外しできないために定期的なメンテナンスが必要であり、

場合によっては一定期間装着後、可動式のタイプに切り替えることもあります。
 
 

保定期間

保定装置を装着する期間は、一般的に1~3年ほどになります。

矯正同様、患者さんの年齢・症例・個人差などによって明確な期間を断言できないため、

保定期間の長さにはバラつきがあり、そのため1~3年と幅広い期間になっています。
 
 
また、保定期間は歯科医院の治療方針によって長めのケースもあれば、短めのケースもあるでしょう。

なお、保定期間中は定期的にメンテナンスを目的とした通院が必要になりますが、

メンテナンスの費用は矯正の費用の中に含まれているため、余分な費用が発生することはありません。
 
 
もっとも、歯科医院によってはメンテナンスの費用を含まずに費用を提示している可能性もあるため、

矯正を受ける時点でその点は必ず確認しておいた方が良いでしょう。

また、保定期間中に虫歯や歯周病になった場合は、これらの治療費は別途発生します。
 
 

歯が動く癖への対処

歯ぎしりや舌癖など、日常生活の癖によって歯並びが悪くなってしまった人は、

矯正してもこれらの癖を改善しない限り、いずれまた歯並びが悪くなってしまいます。

ここで難しいのは、歯ぎしりなど睡眠中に行う無意識な癖への対処です。
 
 
この場合、歯科医院ではマウスピース式の保定装置を使用するなどして対処でき、

睡眠中に装着することで歯ぎしりによる歯への影響を抑えることができます。

一方、舌癖などの意識的な癖は、自分の意思で改善するしかありません。
 
 

まとめ

いかがでしたか?

最後に、矯正の後戻りについてまとめます。
 
 
1. 後戻りについて :歯が動いた後は骨が充分に形成されていないため、歯が元の位置に戻ろうとしてしまう

2. 後戻りを防ぐには :保定装置を装着する保定期間を設けることで、矯正後の後戻りに対処する

3. 保定期間 :期間は一般的に1~3年で、患者さんの年齢や症例などによって短くも長くもなる

4. 歯が動く癖への対処 :歯ぎしりなど、睡眠中の癖についてはマウスピースの装着などで対処する
 
 
これら4つのことから、矯正の後戻りについて分かります。

矯正した後は必ず後戻りが起こりますが、保定期間によって対処できます。

ただ、保定期間中は保定装置の装着やメンテナンスを怠ると後戻りを防ぐことはできず、

決められた期間は保定装置を装着して、通院も欠かさないようにしましょう。

治療費など詳細を見る↓

矯正専門サイト

診療予約・お問合せはこちらから

〒151-0053
東京都渋谷区代々木4-32-1 
トーシンビルミレニアム5F

電話:03-5302-3700

京王新線「初台駅」東口より徒歩2分

診療時間祝日
10:00~13:00××
14:30~20 : 00××

※土曜日は16:30まで診療を行います。

休診日は日曜日・祝日です。