お問い合わせ
   

ご予約・その他のお問い合わせ

03-5302-3700

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

新宿初台の歯医者|岡歯科医院矯正中に妊娠したら治療は継続できますか?

岡歯科医院
岡歯科医院へのお問い合わせ:03-5302-3700

ご予約・その他

お問合わせ

矯正中に妊娠したら治療は継続できますか?

新宿初台の歯医者さん、岡歯科医院です。
今回のテーマは「矯正中の妊娠中」です。
矯正は治療期間が長いため、治療中に私生活に変化が起こっても不思議ありません。

例えば、女性の場合は矯正中に妊娠する可能性だってあるでしょうが、
その場合矯正の治療は継続できるのでしょうか。
そこで、ここでは矯正中に妊娠するケースについて説明していきます。

矯正中の妊娠は全く問題ない

矯正中に妊娠しても全く問題なく、ケースとしても稀ではありません。
もっとも、出産の時期には通院は不可能なため、一時的に治療を中断する必要はありますが、
2ヶ月ほどの中断後に矯正を再開することが可能です。

ただし注意点が2つあり、1つは必ず妊娠したことを担当の医師に伝えてください。
これは、麻酔・レントゲンなどを避ける必要があるからです。
もう1つは治療計画の遅れへの了承で、中断することで当初の計画よりも治療が遅れてしまう可能性があります。

このような注意事項がありますが、矯正中に妊娠しても治療をすすめることができます。

妊娠を理由に矯正は中止できるのか

矯正中に妊娠した場合、患者さんによって治療を中止したいケースもあるかもしれません。
これについて回答すると、矯正の中止は可能なものの、医師として中止はおすすめできません。
というのも、矯正を中止することによってこれまでの治療の成果が全て失われてしまうからです。

歯並びの状態次第では、矯正を中止するとむしろ治療前よりも歯並びが悪くなってしまう可能性がありますし、
妊娠という事情であれ治療を進めてきた分の返金ができません。
そのため、矯正を中止することは患者さんにとってデメリットしかない選択肢になってしまいます。

矯正中に妊娠した場合の注意点

矯正中の妊娠自体は特に問題ないですが、お口の中の健康には注意する必要があります。
なぜなら、矯正中は虫歯・歯周病にかかりやすいからで、
これは矯正装置の装着によって食べカスが詰まりやすい・歯磨きがしづらいのが理由です。

それに加えて、妊娠することで悪阻(つわり)の影響によって歯磨きが困難になりますから、
「矯正+妊娠」の状態は妊娠していない状態の矯正に比べてより虫歯・歯周病にかかりやすくなります。
特に歯周病においては、妊娠中の歯周病は早産・低体重児出産につながります。

矯正の治療期間

あらかじめ矯正の治療期間が分かっていれば、妊娠の計画を考えるという女性もいるでしょう。
そこで、あくまで目安にはなりますが、矯正の治療期間について説明します。
まず、矯正の治療期間は歯並びの状態次第で短くも長くもなります。

歯並びがある程度整っているケース

ある程度整った歯並びなら症例として難しくなく、歯を並べるスペースがあれば非抜歯で矯正が可能ですし、
およそ6ヶ月~1年ほどの期間で矯正できるケースが多いでしょう。

歯並びは悪いが凸凹にはなっていない

矯正として最も一般的なケースであり、歯並びが良くないものの凸凹にはなっていない状態です。
この場合、およそ1年~2年ほどの期間で矯正できるケースが多いでしょう。

歯並びが凸凹している

矯正の症例として最も難しく、あまり凸凹した歯並びだとマウスピース矯正では対応できません。
歯を大きく移動させる必要があることから、治療期間はおよそ2年~3年ほどになります。

…前述したように、矯正の治療期間はあくまで目安であり、
個人差・矯正方法などによって治療期間は短縮されることもあれば長引くこともあります。

矯正中に虫歯・歯周病にかかった場合

矯正中に虫歯・歯周病にかかった場合、これらの治療が優先されます。
つまり矯正を一時的にストップする形になるため、治療期間が当初の計画よりも長引きますし、
矯正の治療費に加えて虫歯・歯周病の治療費が余分にかかってしまいます。

特に妊娠中となると、スムーズに矯正を進めていきたいと思うでしょう。
しかし、虫歯・歯周病を放置して矯正をすすめていくことはできないため、
矯正中の虫歯・歯周病は大きなデメリットになると知っておいてください。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正中の妊娠についてまとめます。

1. 矯正中の妊娠は全く問題ない :一時的な中断などの対処は必要だが、矯正は問題なく継続できる
2. 妊娠を理由に矯正は中止できるのか :中止は可能だが、治療の成果が失われるなど一切メリットがない
3. 矯正中に妊娠した場合の注意点 :虫歯・歯周病に注意する(歯周病は早産・低体重児出産のリスクを高める)
4. 矯正の治療期間 :症例・個人差・矯正方法によって異なるが、目安としては一般的に1年~3年ほど
5. 矯正中に虫歯・歯周病にかかった場合 :虫歯・歯周病の治療が優先のため、余分な費用や時間がかかってしまう

これら5つのことから、矯正中の妊娠について分かります。
説明をまとめると、矯正中の妊娠することには全く問題なく、
出産時などに中断することにはなりますが、その後の治療再開は可能です。
ただし、妊娠中は虫歯・歯周病に注意する必要があり、
矯正することでこれらが発症するリスクが高くなるということは知っておきましょう。

  • 月別一覧

PAGE TOP