小児矯正で失敗しないために知っておくべきこと

矯正ブログ

新宿初台の歯医者さん、岡歯科医院です。
今回のテーマは「小児矯正の注意点」です。
小児矯正を希望する親は、子供の歯並びを改善することだけを考えているでしょう。

確かに、歯並びの悪さは見た目だけでなく健康面においても問題を引き起こし、
そのため子供の時に歯並びを改善するのは正しい選択です。
ただ、小児矯正における注意点もしっかりと抑えておく必要があります。

矯正装置の違い

小児矯正では大人の矯正同様に矯正装置を装着しますが、
インターネットで情報収集できる現代では、どのような矯正装置を装着するのかも調べることが可能です。
ただ、取り扱う矯正装置は歯科医院によって異なるということを覚えておきましょう。

例えば、Aの歯科医院である矯正装置を紹介していたとします。しかしそれはAの歯科医院の話であって、
Bの歯科医院では小児矯正において全く別の矯正装置を採用しているかもしれません。
いずれの矯正装置もしっかりとしていますが、取り扱う矯正装置の種類は歯科医院によって異なるのです。

非抜歯で行えるとは限らない

矯正は大人になってからでも行えますが、小児矯正…つまり子供の時に矯正した方がメリットは多く、
その代表的なメリットとされているのが非抜歯で矯正できる可能性が高くなることです。
これについてですが、確かに非抜歯で矯正できる可能性は高いのですが、あくまでそれは可能性の話です。

大人の矯正に比べて非抜歯で矯正できる可能性は格段に高くなるものの、絶対とは断言できません。
つまり、非抜歯で矯正できることを理由に小児矯正を希望しているのであれば、
歯並びの状態によっては希望どおりにいかないケースもあるのです。

矯正中は虫歯になりやすい

矯正のメリットの一つとして、虫歯を予防しやすくなることが挙げられます。
これは歯並びを改善することで歯が磨きやすくなり、そのため磨き残しが大幅に減るのが理由です。
また、歯並びを改善して歯と歯の間の隙間が正常になれば、食べカスも詰まりにくくなりますからね。

しかし、矯正中においてはむしろ虫歯になりやすく、
それは矯正装置の装着によって歯磨きがしづらく、また食べカスも引っ掛かりやすいからです。
特に子供は歯磨きの技術も未熟ですから、小児矯正中は虫歯に注意しなければなりません。

矯正装置には必要な装着時間が決まっている

これはどういうことかと言うと、マウスピースタイプなど取り外し可能な矯正装置を使用する場合の話です。
近年では矯正装置の見た目の悪さを解消するため、いわゆる見えない矯正と呼ばれる矯正装置がありますし、
小児矯正で使用する矯正装置の中には自分で取り外しできるタイプのものも存在します。

このため、「取り外し可能な矯正装置=好きな時に外せる」とイメージしてしまいがちでしょう。
しかしそれは間違いで、矯正装置には一日で必要な装着時間が決められており、
その時間を満たさなければ矯正装置を外してはいけないのです。

子供と話し合って治療を決断する

子供は年齢的に矯正そのものを知らないでしょうから、小児矯正を決断するのは子供ではなく親でしょう。
しかし、だからと言って一方的に治療を強制してはならず、必ず子供と話し合ってから治療を決断してください。
と言うのも、小児矯正を成功させる上では治療する本人…つまり子供の協力が欠かせないからです。

上記でも説明しましたが、小児矯正で使用する矯正装置の中には自分で取り外し可能なものもあり、
仮に子供が矯正に非協力的になってしまうと、装着時間を無視して矯正装置を外してしまうかもしれません。
そうすれば矯正は失敗に終わりますし、子供の理解をなくして小児矯正の成果は得られないのです。

治療期間が長くなることがある

小児矯正は、第一期治療と第二期治療の二回に分けて治療を行い、
さらにそれぞれの治療の間は経過観察を目的にして一定期間あけることになります。
このため、トータルの治療期間で考えれば小児矯正の治療期間は長くなるのです。

最も、第一期治療の成果次第では第二期治療が不要になりますし、
例え必要になったとしても本格的な矯正となる第ニ期治療は大人の矯正ほど長くならないでしょう。
つまり、大人の矯正に比べて治療期間が短くなる可能性がある一方、長くなる可能性もまたあるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、小児矯正の注意点についてまとめます。

注意点1. 矯正装置の違い :取り扱っている矯正装置の種類は歯科医院によって異なる
注意点2. 非抜歯で行えるとは限らない :小児矯正でも抜歯しなければならないケースがある
注意点3. 矯正中は虫歯になりやすい :矯正装置を装着している期間は虫歯になりやすい
注意点4. 矯正装置には必要な装着時間が決まっている :好きな時に好きなだけ外せるわけではない
注意点5. 子供と話し合って治療を決断する :子供が非協力だと矯正に失敗してしまう
注意点6. 治療期間が長くなることがある :第一期治療+経過観察+第二期治療の治療期間になる

これら6つのことから、小児矯正の注意点について分かります。
このように注意点ばかり挙げてしまうと、小児矯正は必要のない治療だと思えてしまうかもしれません。
しかし矯正には多くのメリットがあり、それも子供の時に矯正するのは治療のタイミングとしても最適です。
ただ、メリットがある一方でこうした注意点があることも忘れてはなりません。

診療予約・お問合せはこちらから

〒151-0053
東京都渋谷区代々木4-32-1 
トーシンビルミレニアム5F

電話:03-5302-3700

京王新線「初台駅」東口より徒歩2分

診療時間祝日
10:00~13:00××
14:30~20 : 00××

※土曜日は16:30まで診療を行います。

休診日は日曜日・祝日です。