お問い合わせ
   

ご予約・その他のお問い合わせ

03-5302-3700

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

新宿初台の歯医者|岡歯科医院はじめての歯周病治療

岡歯科医院
岡歯科医院へのお問い合わせ:03-5302-3700

ご予約・その他

お問合わせ

はじめての歯周病治療

pixta 23084712 M 1 1024x681 - はじめての歯周病治療

歯周病とは?

歯周病とは、歯茎や骨などが炎症を起こした状態のこと。初期段階であれば歯茎が少し腫れ、歯を磨くと血が出る程度ですが、進行して「重度の歯周炎」になると歯の奥にある靭帯や骨を溶かしてしまう病気です。日本人の成人のうち、歯周病患者と予備軍を合わせた割合は約8割で、歯を失う原因のトップにもなっています。

歯周病は「歯周病原菌」によって引き起こされる炎症ですが、原因となる病原菌は様々。主に30代〜40代で発症し、ゆっくりと進行する慢性歯周炎のほかに、10代から発症するものや、急速に進行するタイプが確認されており、歯周病を引き起こしている主な細菌が何かによっても症状の進行度は大きく異なります。

また歯周病を発症させる直接の原因は、歯の周囲にたまった細菌の塊である歯垢だとされています。その他ストレスや喫煙、歯ぎしり、食生活、歯並び、妊娠、糖尿病などの因子が絡み合って発病する場合もあります。

歯周病とむし歯はどう違う?

原因となる細菌と破壊場所

歯周病とむし歯はどちらも細菌によって引き起こされますが、それぞれ原因となる細菌が全く異なります。

むし歯は、口の中に存在しているむし歯の原因菌が、食事などで摂取した糖を餌にした後に出す酸によって、歯自体をだんだんと溶かす病気です。一方、歯周病は歯を支えている歯茎や骨などの組織がだんだんと破壊し、歯自体を破壊することはありません。

かかりやすい年齢層

むし歯に最もかかりやすいのは子供です。具体的には乳歯の時期、永久歯へ生え変わる時期が最もむし歯リスクの高い時期です。大人になるとむし歯にはかかりにくくなりますが、歯茎が下がって歯根が露出してくると、むし歯に対して抵抗性の弱い歯根部がむし歯にかかりやすくなってきます。

歯周病の場合、軽度の歯肉炎であれば子供でもよく起こりますが、骨の破壊を伴う本格的な歯周病は30代〜40代くらいからかかる人が多いです。

痛みの出方

むし歯は進行するにつれて、中の神経に近づいていきます。そのため、穴が開き始めると徐々に冷たいものや、熱いものでしみるという痛みが出てきます。それに対し、歯周病は骨の破壊が起こっても痛みが出ることがほとんどなく、気がついたら歯がグラグラになっているという場合が多く見られます。

進行の仕方

pixta 65624369 M - はじめての歯周病治療
むし歯は一本単位で進行していくのに対し、歯周病の場合は全体的に病状が進行します。そのため歯周病では急に「歯が何本もぐらついきはじめ、数本を同時に失う」ということも少なくありません。

歯周病と病気の関係性

歯周病は命に関わるような全身の病気とも関係性が深く、心臓疾患や、糖尿病、誤嚥性肺炎、消化器関係疾患、関節リウマチといった病気や、早産・低体重児出産との関連が報告されています。

詳しくはこちら

歯周病治療について

歯周病治療の基本は、歯と歯茎の間に細菌や汚れが溜まってしまうのを防ぐため”深くなってしまったポケットを浅くしてあげること”です。

私達は「なるべく最小限の治療で、患者さん自身がメンテナンスできるようにすること」を心がけて治療を行っています。歯周組織や骨の状態を精密に把握した後、「骨の再生」と「歯ぐきの直接治療」によって、歯ブラシなどの基本的なケアで効果を十分に得られる状態を目指します。

歯周病治療の3つのステップ

pixta 49480324 M - はじめての歯周病治療

STEP1 クリーニングと経過観察

歯ブラシでは届かない深い部分の汚れを専門的な器具でキレイにしていきます。極初期の歯周病ならこれで治る可能性が高く、ご自宅でのケアと合わせて継続していただければ、十分改善できる可能性があります。

STEP2 レーザー治療・光殺菌治療

外科的な処置は行わず、レーザーや光殺菌などで十分な処置を施し、経過を見守ります。ここで治ってしまう方はたくさんいらっしゃいます。

レーザー治療

歯周ポケットの複雑化している場所でも奥深くまで光と熱を届けることができるレーザー使用して、歯周ポケットの細菌を死滅させる治療方法です。また歯周で炎症を起こしている組織をレーザーで蒸散させることができるので、歯茎の治癒や歯の根との再付着を促進する効果もあります。

当院では炭酸ガスレーザー「ナノレーザーGL-Ⅲ Fine」を使用。よりフレキシブルな操作性を実現した医療機器で、多様な炎症症状に対応します。また治療には痛みを伴いますが、「ナノレーザーGL-Ⅲ Fine」には休止時間とエネルギー値の調整機能が搭載されており、痛みを軽減するよう工夫されています。

光殺菌治療

光殺菌装置(FOTOSAN630)を使って感染部分に光感受性物質を注入し、光を照射することで殺菌する治療法です。医科では1990年ごろから肺、食道、胃、子宮頸部などの早期がんに対して光やレーザーを用いて治療する光線力学療法(PDT=Photo-Dynamic Therapy)で使用されている装置。歯科では数年前から欧米を中心に、抗生物質を使わない体に優しい安全な治療法として光殺菌治療が急速に普及しています。光感受性ジェルを細菌に浸透させて光で殺菌する治療法で、細菌が引き起こす病変の治療に有効です。

光殺菌治療は治療だけでなく、予防にも有効とされています。歯周病やインプラントの定期健診、矯正治療中のメンテナンスの際に予防的治療としても使用します。

痛みを伴わないので、光過敏症の患者様を除く多くの方に適用可能な治療法です。

STEP3 再生治療のための外科処置

重度の歯周病の場合は外科的な処置が必要。歯ぐきを切開し、根本的な原因を除去していきます。当院ではマイクロスコープを使用して外科処置を行っているので、不要な切開をせず最小限の負担で治療することができます。

具体的な再生治療の外科処置としては、歯肉移植やGEM21を利用した歯周組織の再生のほか、高度な歯周病治療として知られるエムドゲインゲルを使った歯周外科手術などで再生治療を行います。
エムドゲインとは新しい歯周組織再生誘導材料で、若豚の歯胚からできているたんぱく質の一種です。これと自家骨や代用骨を使った骨移植を併用することで、重度の歯周病患者様でも再生治療が可能です。

歯周組織の状態や、患者様の健康状態を見極め、適切な治療をご提供いたします。

詳しくはこちら

診療予約・お問合せはこちらから

             

ご予約・お問い合わせ03-5302-3700

診療時間
10:30~13:00
14:30~20:00

CONTACTお問合せフォーム

PAGE TOP