お問い合わせ
   

ご予約・その他のお問い合わせ

03-5302-3700

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

新宿初台の歯医者|岡歯科医院入れ歯でお悩みの方へ

岡歯科医院
岡歯科医院へのお問い合わせ:03-5302-3700

ご予約・その他

お問合わせ

入れ歯でお悩みの方へ

入れ歯の悩みとは?

dentures trouble 01 - 入れ歯でお悩みの方へ

・何度も作り変えているストレス
・入れ歯安定剤が欠かせない…
・周囲からの目が気になって「笑えない」

このようなお悩みをよくお聞きします。

髪の毛1本でも違和感がある口の中において、合わない入れ歯は相当なストレスだと思います。また、入れ歯の患者様の多くが「食事が美味しくない」「食事を楽しめなくなった」という訴えも多くお聞きします。

食事は生活においてとても大切なものです。その食事が楽しめなくなると、毎日の食卓はもちろん、外食や旅行なども消極的になってしまいます。歯がなくなっただけで、こんなにも生活や趣味に影響が出てしまうため、その治し方には慎重にご相談させていただいています。

なぜ入れ歯は「合わない?」

新しく入れ歯を作ったり、合わなくなって調整しても、また「合わなくなる」というご経験、皆さんにもあると思います。

なぜ入れ歯は合わなくなるのでしょうか?

それは、歯を支えていた骨が「歯が抜けた」ことによりなくなってしまうからなのです。骨が少しづつなくなっていき顎のかたちが変わってしまうため、前に作った入れ歯が合わなくなってしまうという現象です。つまり、入れ歯は「顎の状態に合わせて」作り替えが必要な治療なのです。

抜けた歯の「治療別」その後の生活(治療の選択肢)

歯が抜けてしまった場合の治療方法は大きく分けて3つあります。

・入れ歯
・ブリッジ
・インプラント

ここでは、それぞれの治療後の生活についてご紹介します。

ブリッジ

dentures trouble 02 - 入れ歯でお悩みの方へ

抜けた歯の両隣を削ってしまうため、抜けた部分の骨の退縮以外に削った歯が被せ物の下でむし歯になってしまい、次は部分入れ歯での治療となる可能性があります。

入れ歯

dentures trouble 04 - 入れ歯でお悩みの方へ

顎の骨の変化により合わなくなることは先述していますが、抜けた部分の噛む圧力を残った歯で支えるため、支えていた歯に負担が多くかかり、また1本また1本と抜けてしまう歯が増える傾向が強いです。

また、抜けてしまった歯の代わりに「歯ぐきの上に歯に似せたものを乗せている」のが入れ歯であり、自分の歯があったころのような噛み心地はなく、昔に比べておよそ30%くらいの「噛む力」となってしまいます。また、入れ歯の材質上の問題で「菌が繁殖しやすいことでの口臭」も気を付けなければなりません。

インプラント

dentures trouble 03 - 入れ歯でお悩みの方へ

自分の歯と同じように「骨に人工歯根を埋める」ため、骨の退縮はなく天然の噛み心地にもっとも近い生活を過ごすことができます。
取り外しや洗浄という手間もありませんが、天然の歯と同じように「歯周病」にはなってしまいますので、定期的に歯医者さんでメンテナンスしないと、せっかくのインプラントが抜けてしまうことがありますのでご注意ください。

10年後、20年後の食生活を考える

歯科治療では、一般的に「いま困っている(痛い)ところ」ということに注目しがちですが、大切なのはその後も健康的な生活が送れることです。

とりあえず治れば良い。。。は、その後の生活に大きな健康被害をもたらしてしまうこともありますので、岡歯科医院では「10年、20年先の将来」も健康的であるように、治療方法などを含め患者様とご相談をさせていただいております。

治療の選択肢を知り、今と将来における健康的な生活のため「入れ歯、抜けた歯の治療における無料相談会」を実施しております。患者様のご都合に合わせて随時受け付けておりますので、予約状況をお問い合わせください。

診療予約・お問合せはこちらから

             

ご予約・お問い合わせ03-5302-3700

診療時間
10:30~13:00
14:30~20:00

CONTACTお問合せフォーム

PAGE TOP