40代男性:歯肉の後退を歯肉移植術で治療したケース

症例ブログ

はじめのご相談内容

歯肉が下がって、歯根が長くなってきたので、「歯が抜けてしまうのではないか」と心配になり来院されました。

診断結果 歯根露出状態となっていました。
行った治療内容 初左右両側10本に渡り歯肉移植によって根源をカバーする事と致しました。
治療期間

施術自体は1回で終わります。その他に消毒の為に数回来院いただき、経過を見るのに3か月ほど要します。

費用 両方で330,000円
経過・現在 メンテナンス継続中で良好です。後戻りの傾向も見られません。
治療の利点・リスクについて 利点

  • 歯肉を自分の歯肉で覆う事が出来るので今後の歯根露出を予防できます。
  • 歯がしみるのを抑えられます。
  • 歯根部のう蝕の予防になります

リスク

  • 歯肉を移植した分が定着しない可能性があります。
  • 稀に状態が改善されない場合があります。

治療前

歯肉の後退治療前

治療中 ※画像は加工してあります

歯肉の後退治療中2

歯肉の後退治療中1

 

治療後

歯肉の後退治療後1

歯肉の後退治療後2

診療予約・お問合せはこちらから

〒151-0053
東京都渋谷区代々木4-32-1 
トーシンビルミレニアム5F

電話:03-5302-3700

京王新線「初台駅」東口より徒歩2分

診療時間祝日
10:00~13:00××
14:30~20 : 00××

※土曜日は16:30まで診療を行います。

休診日は日曜日・祝日です。