お問い合わせ

初診専用ダイヤル

050-7300-2882

再診・その他のお問い合わせ

03-5302-3700

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

京王新線初台駅より徒歩2分の岡歯科医院|根管治療

岡歯科医院
岡歯科医院へのお問い合わせ:03-5302-3700

根管治療

根管治療

根管治療とは、歯の根っこである「歯根」の治療のことです。
歯の内部には歯髄腔と呼ばれる空間があり、神経や血管などの入った組織が入っています。
歯髄腔は歯根の内部にある根管という管につながっていて、神経や血管もその内部を走って、歯の外側に通じています。
根管治療はこの「根管」を清掃・消毒する治療です。

根管治療が必要な時はどんな時?

1.歯の神経が炎症を起こしてズキズキ痛む時

むし歯が進行すると歯髄に達して神経が炎症を起こしてズキズキ痛み出します。
このようなケースではいち早く歯髄を取り除く必要があり、その後空っぽになった根管を消毒し、薬を詰める治療を行います。

2.神経がない歯なのに、噛むと痛い、ズキズキ痛い時

神経を取った歯でも痛みを出すことがあります。
これは根の奥に細菌が繁殖して炎症を起こしてしまっている場合です。
炎症を取り除くためには根の治療を行うことによって内部を消毒する必要があります。

3.歯の根の先に膿がたまった時

神経が死んでしまっている歯、神経を取った歯の根の先端に膿がたまることがあります。
これは根の内部にある細菌が増殖して、根管の外に膿をためてしまっている状態です。
痛みの症状が出る場合もあれば、無症状でレントゲンで偶然発見される場合もあります。
放っておくとだんだんと悪化するため、根管治療が必要です。

4.歯茎に白いニキビのようなものが出来た時

歯茎にプツッと白いニキビのようなものができることがあります。
これが長期間消えずにある場合、根の先端の膿だまりが歯茎に膿の出口を作っている可能性が高いです。
レントゲンで確認し、根の先端の膿だまりがあるようであれば、根の治療をする必要があります。

5.歯茎が腫れた時

歯茎が腫れる原因が、根の先端の膿だまりである場合、根管治療を行う必要があります。

根管治療は歯科医でどんな治療を行う?

どんな治療手順?

1.根管内のものを除去する

神経が入っている歯の場合には麻酔をし、神経と共に歯髄を取り除きます。
神経をすでに取り除いてある歯の場合には、詰め物や被せ物を取り外し、根管内に詰まっている薬も取り除きます。

2.根管の壁を清掃する

根管の壁をリーマーやファイルと呼ばれる、様々な太さの、ギザギザが付いた針のような器具を使って清掃していきます。

3.根管を消毒する(数回)

根管の清掃が終わったら、綿に薬をつけて消毒を行います。
綿がきれいになるまで、また症状が取れるまで薬の交換を繰り返します。

4.根管に最終的な薬を詰める

根管の症状が取れたら細菌が入り込まないよう、根管内に最終的な薬を隙間なく詰めていきます。
これで根管治療は終了です。

根管治療の痛みは?

根管治療は、神経がまだ生きている場合には麻酔をして行うため、麻酔が効けば治療中に痛むことはありません。
しかし、神経の炎症がひどい場合には麻酔があまり効かないこともあります。

神経が死んでいる歯、神経がない歯の場合は麻酔をしなくても痛まないことが多いため、そのまま麻酔をせず行うことがほとんどです。
ただし、根の先端に神経が残っている場合や、根の周囲の炎症が強くて痛みを伴う場合には麻酔をして行うこともあります。

根管治療を行った場合、被せ物は何にすればいい?

根管治療を行った後は、歯を守るため、そして噛めるようにするために詰め物や被せ物が必要になります。
保険のもの、自費のもの、どちらでも選ぶことができます。
歯を削った範囲が小さければ、詰め物、歯の崩壊が大きければ被せ物、というようになります。

保険の治療

詰め物

コンポジットレジン 歯の色をしたプラスチックです。年数とともに変色してきます。
銀歯 範囲が広めだったり、強度が必要な場所には銀歯が適しています。

被せ物

硬質レジン前装冠(前歯のみ) 金属のフレームの上にプラスチックが貼り付けてあるものです。前歯の保険の被せ物では一般的にこちらが使われます。年数とともに黄ばんできたり、歯茎に炎症を起こしやすいというデメリットがあります。
硬質レジンジャケット冠(小臼歯まで) 全て硬質レジンで作れているもので、強度的には弱いため、噛み合わせで割れてしまう場合もあります。
ハイブリッドセラミック(小臼歯のみ、CAD/CAM装置を使った場合に適用。大臼歯は金属アレルギーがある人のみ) セラミックとプラスチックを混ぜ合わせたもので、硬質レジンジャケット冠よりは強度がありますが、やはり、噛み合わせが強くかかると割れることもあります。
銀歯 大臼歯や力が強くかかる場所には保険であれば銀歯が適用となります。

自費の治療

詰め物

セラミックインレー セラミックの詰め物です。

被せ物

メタルボンドクラウン 金属のフレームにセラミックが貼り付けてあり、透明感、強度ともに優れています。
オールセラミッククラウン 全てセラミックでできているセラミックの被せ物です。強い力がかかる場所には向いていませんが、透明感に優れた自然な美しさが魅力です。

根管治療でマイクロスコープを使うと良いと聞いたのですが、どういうこと?

マイクロスコープって?

マイクロスコープというのは顕微鏡のことです。
顕微鏡を使うと、肉眼で見えないようなものをはっきりと見ることができます。
その技術が医療にも応用されており、医科でも体の様々な場所の手術などでよく使われています。
歯科治療というのは、細かい部分を治療していくことが多いため、マイクロスコープを使用することによって、格段にレベルの高い治療を行うことが可能となります。

なぜ、マイクロスコープ?

歯科のマイクロスコープの威力が最も発揮されるのは根管治療だと言っていいでしょう。
根管治療というのは、歯科治療の中でも最も難しい治療だとよく言われます。
その理由として、「治療を必要とする根管というものが、ほんの入り口くらいしか肉眼で見ることができない」ということが挙げられます。

そのため、従来の根管治療というのは、入り口から器具を入れて、レントゲン写真を参考にしながら、根の形をイメージし、器具を入れて術者の勘や経験をもとに手探りで治療をする、という頼りないものなのです。

実際マイクロスコープを使わない場合、今だにこのような不確実な治療法が、最も広く一般的に行われています。
しかしこの方法では、汚染部分を取り残したり、逆に健康な部分を無駄に削って歯を薄くしてしまうリスクがあります。

ところが、歯科用のマイクロスコープを使うと、拡大倍率を20倍にもすることができ、また、拡大しつつ、術野を明るく照らすことができます。
このことにより、根管内を明視下ではっきりと見ながら治療ができるようになり、より正確で確実な治療、つまり、悪い部分はしっかりと取り除いて、健康な部分はなるべく保存して削らない、ということが可能になるのです。

最近の歯科界ではMI(ミニマルインターべンション)が主流になっています。
これは「なるべく歯を削らない」という考え方であり、一昔前の「怪しい部分はなるべく広く削る」という方法では歯が持たなくなる、という経験をもとに、このような流れに変わってきました。
マイクロスコープを使うことで、根管治療においてもMIが可能になると言えるでしょう。

根管治療に関して気をつけること

根管治療は歯の治療の中で最も難しい治療であるゆえ、治療してもなかなか良くならなかったり、治療が長引くことも珍しくありません。
それゆえ、途中でしびれを切らして、治療を中断してしまう人もいます。
しかし、中断してしまうと、内部に細菌が繁殖してしまう原因となり、歯を抜かなければならなくなるほど悪化することもあります。
そのため、根の治療中は決して中断しないようにしましょう。
また、根の治療は歯医者による技術の差が出やすい治療でもあります。
もしなかなかよくならない場合には違う歯医者さんに診てもらったり、マイクロスコープで治療を行っている歯医者さんで診てもらうことも考えてみることをお勧めします。

歯根端切除術

歯根端切除術とは、歯の根の先端の感染病巣を外科的に切除・除去する方法です。
この治療法が奏効すれば、抜歯にならずに済むという利点があります。

具体的には、まず歯肉を切開し歯根端相当部の骨を削合して感染病巣を明示し、感染した根の先の一部を切断します。切断した歯の根の面には封鎖性が高く外来刺激から歯を保護するセメント(MTAセメント)を詰め、周りの感染組織を除去することで溶けてしまった病巣の周りの骨の治癒を期待する治療法です。

以下のようなケースが適応となります。

  • 歯の根の先端に感染病巣(歯根嚢胞や歯根肉芽種など)があり、根管治療(根の治療)で治癒が見込めない場合
  • 根管の形態が複雑で根の治療では治癒が見込めない場合
  • 歯の根の土台を外すと歯根破折を起こす可能性が高く、除去が難しい場合
  • 歯の根の治療で根管に詰めてある薬剤が根の先から骨に流出し、根管治療では除去できない場合
  • 外傷で歯根端が破折した場合

しかし以下のような場合は歯根端切除術を行っても治癒の見込みが低かったり、また抜歯になってしまう可能性も少なくありません。

  • 歯の根の長さの1/3以上の根の切除が必要な場合
  • 歯の根が短い場合
  • 重度の歯周病に罹患している場合
  • 歯の動揺度が大きい場合
  • 急性炎症を起こしている場合

など

歯牙移植

歯牙移植とは、虫歯や歯周病、外傷などで歯を失ってしまったところに健康な親知らずや生えている位置が異常などの理由で使用されない歯、矯正で抜歯した歯を移植する方法です。ブリッジ治療のように両隣の歯を削る必要がなく、義歯のような不安定さや違和感が少なく、インプラント治療と異なり歯根膜があるため自身の他の歯と同じような感覚で咬めるという利点があります。

具体的には、再植する歯を抜歯して歯を失ってしまったところに移植し固定するという治療法です。移植する歯の根の長さや大きさに応じて移植先の骨を削って形態を整える場合もあります。移植か1か月後に根の治療を行い、植立状態が良好な場合は根の中に最終的な薬を詰めて補綴治療を行います。

ただし、歯牙移植を行っても術後に歯根膜が付着しなかったり根が吸収されてしてしまったり感染を起こしてしまった結果、最終的に歯が脱落してしまう場合もあります。インプラントと比較すると予後が不安定であると言われています。

以下のようなケースが適応となります。

  • 虫歯や外傷、難治性の根尖病巣を有しており抜歯が必要でかつ移植できる健康な親知らず等の歯が残っている場合。
  • 失ったしまった歯と移植する歯の大きさや形態が類似している場合

しかし重度の歯周病に罹患していたり高齢の場合は成功率が低く適応とならない場合があります。

診療予約・お問合せはこちらから

初診の方はこちら050-7300-2882

再診予約・その他03-5302-3700

診療時間
10:30~13:00
14:30~20:00

CONTACTお問合せフォーム

PAGE TOP