お問い合わせ

初診専用ダイヤル

050-7300-2882

再診・その他のお問い合わせ

03-5302-3700

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

京王新線初台駅より徒歩2分の岡歯科医院|無痛光殺菌・再生療法・歯周外科治療

岡歯科医院
岡歯科医院へのお問い合わせ:03-5302-3700

初診予約

再診・その他

お問合わせ

無痛光殺菌・再生療法・歯周外科治療

無痛光殺菌

歯周病の根源を瞬時に光分解する画期的治療法 ~無痛光殺菌システム~

photosan - 無痛光殺菌・再生療法・歯周外科治療
FotoSan630 光殺菌装置

当院では画期的な治療法である”無痛光殺菌システム(PDT: photo dynamic therapy)”を導入し、患者様の負担の少ない治療を行っています。
これは、感染部分に光感受性物質を注入し、光を照射することで歯周病菌を殺菌する安全な治療法で、数年前から欧米を中心に抗生物質を使わない体に優しい安全な治療法として急速に普及しています。

無痛光殺菌システムの特徴

  • 身体への負担が少なく痛みがありません(切らない治療)
  • 副作用が無い
  • 抗生物質を投与して菌に対抗する方法と比較し耐性菌(抗生物質に対抗できる菌)が発生しにくい
  • 何回でも処置が可能

無痛光殺菌システムのデメリット

  • 重度歯周病の場合はこの治療だけで完治が難しい。
    (重度歯周病の治療に関しては、歯周外科治療のページもご覧ください)

再生治療

歯肉の移植

歯周病が進行した場合、歯茎の退縮が起こってしまう場合があります。退縮した歯肉は見た目が悪いだけでなく、歯周病を更に悪化させてしまう原因にも成ります。本人の自覚が薄い内に進行して、気がついたときにはかなり見た目の印象が変わってしまっている事が少なくありません。

bf - 無痛光殺菌・再生療法・歯周外科治療

こういった場合には歯肉の移植が有効です。患者さまの上あごの口蓋(内側の部分)の歯肉を移植し、痩せている部分をなくしていきます。移植後は歯肉をとった部分がしみる場合がありますが、約2週間ほどでおさまってきます。

エムドゲインを使用した再生治療

  • 歯周外科手術で行う高度な歯周病治療
  • エムドゲインで歯周組織を再生する

shisyubyou - 無痛光殺菌・再生療法・歯周外科治療

重度の歯周病は歯肉の奥まで炎症が広がり、歯周組織が溶け始め、さらに悪化すると歯は抜け落ちてしまいます。

これまでは重度の歯周病には有効な治療方法がありませんでした。最近では新しい治療方法が確立され、歯周外科とエムドゲインや骨移植を併用した、歯周組織の再生が可能になりました。

歯周組織再生療法の一つにエムドゲインがあります。

エムドゲインとは、新しい歯周組織再生誘導材料で、若豚の歯胚(歯と歯周組織を形成する細胞)からできているたんぱく質の一種です。

歯周外科手術で歯肉を切開し、歯の骨にエムドゲインゲルを塗り、歯周組織の再生を誘発させ、健康な歯周組織を取り戻します。また、エムドゲインのほかに、自家骨(自分の骨を使った移植)や代用骨を使った骨移植なども行っています。

ただし重度の歯周病は適用外ですので、できるだけ早めにご相談ください。

GEM21による顎の骨の再生

  • 失われた歯周組織の再生

このGEM21という製品にはrhPDGFというものがふくまれています。PDGFは歯根膜繊維芽細胞の走行と増殖を促す作用もあるといわれています。

これによって失われた歯周組織が再生されると考えられています。ちなみに自分の血液を採血して、遠心分離にかけ血小板を濃縮したものPRPといい、ここにもPDGFは含まれますが、このGEM21のPDGF量はPRPの1000倍と言われています。歯肉を切開して液と粉をまぜ、溶けて喪失した骨に詰めることによって骨を含めた歯周組織の再生を促します。

歯周外科治療

geka - 無痛光殺菌・再生療法・歯周外科治療

中等度、重度の歯周病の場合は歯茎の中に入り込んだ歯石や汚れを取り除くため、スケーリング・ルートプレーニングを行った後に歯周外科治療を行います。歯周ポケットが深く、進行してしまった歯周病は初期の治療だけでは歯石を取り残してしまう可能性がある為、歯茎を切開し深い場所にある歯石を取り除きます。

また、歯石や汚れを除去しても歯周ポケットが残っている為に清掃性が悪く再発する事があり得ます。歯周外科治療は歯周ポケットを浅くするなど再発を防止する為の環境作りも行います。

歯周外科治療の種類

歯周病の進行度や患者さんの希望から総合的に判断してベストな治療方法を提供しています。

geka2 - 無痛光殺菌・再生療法・歯周外科治療

ポケット減少療法

歯肉を切開し清掃した後に縫合することで、深い歯周ポケットを無くし炎症の改善を試みる方法です。歯茎と歯の見た目の美しさが維持される利点がある一方、ポケットが深すぎる場合再発する可能性があります。

geka1 - 無痛光殺菌・再生療法・歯周外科治療

ポケット除去療法

歯肉を切開した後に、その先端を歯槽骨にあわせるように縫合することで歯周ポケットを無くす方法です。歯根面が見えるようになり、歯茎が下がったようにみえてしまう欠点がありますが、理想的な歯周ポケットの深さが出来上がる為再発する可能性の低い治療方法です。

診療予約・お問合せはこちらから

初診の方はこちら050-7300-2882

再診予約・その他03-5302-3700

診療時間
10:30~13:00
14:30~20:00

CONTACTお問合せフォーム

PAGE TOP