1月, 2018年

4年ぶりの大雪 [2018年01月29日]

こんにちは! 岡歯科医院の門山です。 先週から半世紀ぶりの寒さに雪と、東京も雪国のような天気でしたね⛄ まだ場所によっては足元が滑りやすくなっていますので、転んだりしないよう私もそろりそろりと歩いています。 転んで前歯を折ってしまうという事例もよくありますので、皆様くれぐれも気を付けてどう...

続きを読む

ブリッジの脱離 [2018年01月28日]

先日 奥歯のブリッジが外れたような気がすると来院された患者さんです。 見てみると2本で支えているうちの1本の歯のところが外れていました。 外したところの写真です。手前が外れていたところの歯です。奥の歯と金属はまだくっついていたため 奥歯は虫歯になっていませんが 前の歯はかなり虫歯が進行していま...

続きを読む

  • 歯が溶ける酸蝕症に注意!! 50代・ホワイトニング 2018.01.22 NEW

  • 初台・幡ヶ谷 岡歯科医院

    歯科衛生士の村上です

     

    虫歯ではないのに歯が溶けてくる「酸蝕歯」のことをお伝え致します。

     

    今の時期はみかんが美味しいので手軽に食べてしまう食べ物ですよね。

    食生活の変化から酸蝕歯の症状が増えていると考えられます。

    例えば体に良いと言われている黒酢、果物(特に柑橘類)野菜ジュース、炭酸飲料、ワインなどのお酒などなど自分の食生活を考えると当てはまることがあるかと思います。

     

    歯の表面のエナメル質は酸に弱く、通常は唾液が酸を中和するため歯が溶けることはありません。しかし、酸性の飲食物が長く、頻繁に歯が触れると、唾液の中和が追いつかずエナメル質が溶けてしまいます。そして人によっては歯のエナメル質が多くすり減ってくると酸蝕歯がどんどん進んでしまうことにもなります。

     

    私たちが美味しいと感じるものは、ほとんどが酸性で中性は味がなく、アルカリ性は苦みを感じる物なのです。

    そして市販の飲料は約70%ほどが歯を溶かしやすい酸性を示しています。日本人の4人に1人が酸蝕歯という調査結果ということです。

     

    写真のように虫歯とは異なり歯がくぼんだような形になり、歯のエナメル質が溶けだしてきます。酸蝕歯の状態です。「自分の歯は大丈夫なのかな?」と心配な方は、私たちに気軽にご相談くださいね。

初詣 【虫歯の治療なら新宿・初台 岡歯科医院】 [2018年01月15日]

こんにちは☆ 岡歯科医院 歯科衛生士の田村です。 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。 皆様、お正月はどのように過ごされましたか? 私はお正月は北海道で過ごしました。お正月に北海道へ行くのは初めてだったのですが、雪景色も素敵でとても新鮮な気持ちでした。 初詣は北海道神宮でお参りし、お...

続きを読む

七草がゆ 【歯根端切除をするなら岡歯科医院 新宿 初台 渋谷 代々木の歯医者】 [2018年01月08日]

こんにちは(^O^) 岡歯科医院の吉田です! 皆様、明けましておめでとうございます。 2018年になって早くも1週間が経ちましたね! お正月はいかがお過ごしでしたか? しっかりと仕事をこなすためにも、まずは健康で過ごせることが大事ですよね。 お正月食べ過ぎてしまったという人も多いのでは? ...

続きを読む

明けましておめでとうございます! [2018年01月05日]

岡歯科医院の門山です。 新年明けましておめでとうございます! 皆様、今年も、よろしくお願い致します! 新年といえば美味しいごちそうやお酒ですよね! お雑煮、おせち、そして祝酒でお正月を楽しまれたことと思います。 私も最近スパークワインやシャンパンにはまって、お正月は少し奮発したお酒を家族で頂きました! ...

続きを読む

  • 月別一覧